【京都】出会い系サイトのデジカフェでセフレを見つけた

 

京都府在住、31歳です。
私は出会い系サイトの中で、デジカフェというアプリを通じて26歳の女の子と知り合いセフレの関係になれたのですが、そのきっかけは、とにかくセフレをどうしても見つけたかった私が、女の子に猛アタックしたことでした。

デジカフェという出会い系は、かなり日記が充実しており、たくさんの女の子たちの日記を毎日無料で見ることができます。
私はその中で先ほどの26歳の女の子が気になり、日記のコメント欄や、サイト内のメールで一ヶ月ほどやり取りをしました。

デジカフェというアプリは、即やりたいという方よりは、じっくりと交流しながらというほうが多く、他のサイトに比べると援助関係も少ないかもしれません。私はやり取り開始から一ヵ月後に、女の子と連絡先を交換し、待ち合わせの約束をしたのです。

待ち合わせをしたのは、京都の河原町駅でした。
彼女は写真と変わらずとてもスタイルのよい美人系の女の子でした。

そのために、私も嬉しかったですし、よしという気持がありました。
彼女はまず、河原町オーパ(OPA)に行きたいと言ったので、私たちはそこへ行きショッピングやお話を楽しみました。彼女は物腰がやわらかく、とても話しやすくて親しみもありましたし、笑顔も素敵だったために、私としてもついついにやけてしまいそうでした。

彼女と過ごしているとすごく落ち着きましたし、時間もゆっくりと経つようなほんわかしたような感じだったのです。
そのために、彼女にますます引き込まれ、この女の子とセフレの関係になれたらいいのになと感じるようになりました。買い物も終えると、時間は午後6時になっていたので、私たちはホテルで休憩をすることにし、ホテルへ二人で向かったのです。

すると、一軒目は満室で待ち時間があったので、私たちは違うホテルにしました。
ちょっとしたトラブルもありましたが、なんとかホテルの部屋に入り、早速プレイを開始です。
まずはお風呂場でお互いの体をきれいにしたり、いちゃいちゃしたりしながら戯れました。

彼女もちょっと恥ずかしそうでしたが、私が彼女の体を触ると徐々に反応してくれたのです。
私も我慢できなかったので、お風呂場で一回戦を終えたのでした。
二回戦はベッドへと行き、彼女の体を何度も何度も責めました。彼女の下半身はますますピクピク反応し、あっという間に洪水状態だったのです。

そのお汁を吸い取り、再び挿入をしました。彼女は小さな声で気持ちいいと感じていました。
その控えめな姿がかわいくて興奮しました。

私たちはその後もセフレの関係が1年ほど続いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket